2019.09.18

丸テーブルなら・・・

和モダン

朝晩は涼しいを通り越し、寒いと感じる今日この頃。

 

 

 

夕暮れが秋の訪れを告げる「小山の家」に待望のダイニングテーブルを納品してきました。

 

 

 

今回、お買い上げいただいたのは北海道の匠工芸が制作している「JAZZ」丸テーブルです。

 

組み立てているのはいつも椅子やテーブルでお世話になっている長野市青木島にある「アメニティショップ アイ」の新井店長です。

 

JAZZの特長である脚を天板に取り付けています。

どうですか。

 

この角度。

 

テーブルの中心付近から脚が伸びてきます。

 

こうすることで、座った時に膝が邪魔になりません!

 

 

普段テーブルをさかさまに見る機会は少ないのですが、よく考えられた設計だと感心します。

 

脚は4本取り付けます。

 

ちなみにテーブルの大きさがΦ1300以上になると足が5本になります。

 

 

組み立て完了です。

 

これで設計当初から描いていた絵になりました。

 

 

やはり家具は住まいの一部だと思うのです。

 

丸テーブルは回遊動線にもなりますし、JAZZだと人数が増えてもテーブルの脚が邪魔にならないのがすごいところです。

 

美しいナラの木目が天板から脚まで。

 

下から見上げるとこんな感じです。

 

 

そして、今回これに合わせた椅子がこちら。

 

 

飛騨高山の日進木工のコティ。

 

ハンス・J・ウェグナーの名作Yチェアを思わせるデザインですが、小柄な日本人によりフィットするサイズ感となっています。

 

 

 

秋の夜長はいい椅子に座って・・・。

 

 

 

晩酌ですかね(笑)

 

E様、ありがとうございました。

【こじま】