2019.10.24

台風19号復旧作業について

 皆さん、こんにちは。

 先週の三連休に上陸した台風19号

 長野県北部の各所に甚大な被害をもたらしました。

 現在、私たちは被災された方の対応を優先的に行っています。

 

 そこで、復旧作業時に注意すべき事を3つ

 お話したいと思います。

 

 1つ目は、冷静に対応することです。

 被害にあった場所を写真に残したり、必要なものと不必要な物を

 分けて、整理しておくこと。

 住宅が浸水した場合、住宅を建てた大工・工務店等に連絡すること。

 整理が終わりましたら、現状の確認と復旧対応に向けて連絡を取り、

 プロの目で確認してもらうことが大切です。

 

 2つ目は、清掃作業を行うこと。

 作業をする際にドアと窓を開けてしっかり換気すること。

 そして、作業時には必ずマスクと手袋、カッパや長靴を履いて作業を

 することです。

 浸水した家屋には、細菌やカビが繁殖しやすくなり、

 感染症になるおそれもあります。

 

 3つ目は乾燥させることです。

 自然乾燥の場合は、最低一ヶ月以上はかける事をお勧めしますが、

 送風機などで風を送り乾かすのいいと思います。

 送風機で乾燥させる際には、隙間があるとそこから悪い空気や

 ほこりが上がってくるおそれがありますので注意して下さい。

 

 3つの他にも気をつけることは沢山ありますが、

 被災された方が一日でも早く、普段の生活が出来るよう

 取り組んでいきます。

 

 

 

 

 

【なかざわ】