2020.01.07

篠ノ井小森Y様邸改装工事

リフォーム

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

皆さん、お正月はどのように過ごされましたか?

私は1泊2日で静岡に行ってきました。

初詣を熱海の伊豆山神社で参拝し、その後いちご狩りや静岡ならではのご飯などを

いただき、とても豪華な正月を過ごしリフレッシュすることができました。

 

さて年末休暇が終わり、現在私は、台風19号によって被害を受けてしまったY様邸の

現場管理をしております。

Y様邸は床上10センチまで浸水し、床と壁の断熱材が吸水してしまったため、

床と壁ボードの一部を切り、改修をしています。

  

災害前には根太が土台の上にあり、床下の気流が壁内から天井裏へと伝わっていたので

空気が静止せず、断熱材があっても断熱効果が得られない状態でした。

今回は床根太を撤去したので壁の防湿シートを土台まで貼り下ろすことができました。

こうすることで床下からの気流を止め、壁内の断熱材が効くようになるのです。

 

左の写真は実際に気流止めを行った状況です。

右は断面図です。

 

壁ボードを切った後は、壁つなぎの材料を打ち、

断熱施工後に防湿シートを張ります。

  

壁の防湿シートを張り終えたら大引間断熱をし、根太間断熱、防湿シート、荒床と進み、

フローリングを張り、壁ボード、巾木、内装クロスの順で作業が行われます。

大引間断熱

根太間断熱

荒床

 

 

Y様邸は気流止めをしたおかげで本来の断熱性能を取り戻し、

この冬を心地よく健康に暮らせる空間になります。

【なかざわ】