2019.07.19

開口部の設え

和モダン

明日はいよいよ年に一度のお客様感謝祭。

 

お天気も何とか良さそうな感じです。

 

ご都合よろしければ、ぜひお越しください。

 

猪と鹿の肉を焼いてますので。

 

昨日、このジビエ肉を用意していただいた猟師の方をお引き止めして、ジビエ肉についていろいろお聞きしました。

 

おもしろい。

 

美味しい肉にするための手順があるんですね。

 

逆にそうした手順を守らなければ、美味しくない。=ジビエまずい。となり、2度と食べるもんか、となる。

 

明日のお肉はきちんとした手順でつくられていますので、美味しいと思いますよ。

 

乞うご期待!

 

 

前置き長し。

 

開口部のお話です。

 

開口部に様々なバリエーションをつくり、暮らしのなかで使い分けると心地よい居場所となります。

 

 

福島の家。

外部から見ると。

 

スリットデザインの建具は日除け戸です。

夏の間、日射をコントロールします。

 

 

内観です。日除け戸がこの状態だと、外から中は見づらいのですが、

中からは景色を愉しむことが出来ます。

 

 

日除け戸をしまうと、外の景色を愉しむことが出来ます。

 

 

 

夜は障子を引出し、しっとり落ち着いた雰囲気となります。

 

 

 

この窓の断面構成です。

このように設えておくと、季節や時間に応じて窓廻りを自由に選ぶことが出来、暮らしが豊かになりますね。

 

 

 

 

 

【こじま】