2019.12.14

RCの断熱改修

リノベーション

12月なのに暖かく力強い日射しが心地よい・・・。

 

しかしながら夜は寒くなってきています。

 

 

 

10月の健康診断の結果を受け(ウエスト昨年+30mm)、朝軽く走るようにしましたが、

 

寒さに負けずに家から出発することが出来るかどうかが問題です。

 

 

 

さて、今日は先日お引渡を終えたRCの住まいリノベを紹介致します。

 

今まで宿直室として使っていた部屋を改装し、ご主人の書斎(何ともうらやましい)をつくりたいとのご相談です。

お風呂と洗面・トイレ(狭い!)がある部屋ですが、お風呂の代わりにキッチンをご希望。

 

私の夢、いやいやお客様が快適に書斎ライフを送れるプランを検討しました。

 

ポイントは

 

■RCでも暖かく。

■照明は存在感薄く。

■狭い水廻り空間を造作家具で使いやすく。

■いい家具を。

 

・・・・いつもと一緒ですね・・・。

 

 

解体すると、RCなのでコンクリートがむき出しになります。

 

 

断熱は申し訳程度のウレタン吹付。これじゃ寒いよね。

 

お風呂を解体したところです。

 

 

こちらはトイレと洗面があったところ。

 

 

で、断熱していきます。

 

RCは本当は外断熱がいいのですが(コンクリートは熱容量が大きいので)、一部屋だけなので内側に壁をつくり、断熱します。

 

根太。不陸調整します。

床断熱。90mm厚の高性能グラスウール。

コンクリートに接触させないのがミソ。

 

 

 

トイレ部分。防湿シートをしっかり施工します。

 

 

洗面部分。

 

 

書斎部分。

 

エアコンはドレンの関係もあり、天井埋め込み型にしました。

 

 

 

そして、完成。

壁も定番のビオシール。

 

テレビ背面はグレーに仕上げ、落ち着いた雰囲気に。

 

 

家具はいつもお世話になっている長野市のアメニティショップ アイの新井店長と打合せして決めました。

 

 

このソファは背もたれ7段階リクライニングします。

だらしなくダラーンと座るのがコツだそうです(笑)。

 

 

デスクチェアはAWAZA。日本人向けのいい椅子です。

 

窓はLowEペアガラスの内窓で寒さ対策。

 

 

洗面はギュギュっと凝縮。

 

 

 

トイレも広くなりました。

 

 

家電収納にミニキッチン。

 

 

 

W900のキッチンです。

 

 

 

まな板はひのきでつくりました。

 

 

一部屋でしたが、とっても濃いリノベになったと思います。

男としてこんな部屋で過ごせたらいいなあ、をカタチにさせていただきました。

 

 

【こじま】