2018.08.31

地震発生の可能性や規模を
チェックしてみましょう!

新築のプレゼン資料を作成中です☺それに併せて計画した建物が地震にしっかりと耐えられるのか、確認のため構造計算を行っていました。 構造計算とは、建築物の構造耐力上主要な部分(柱・梁・床・壁など)に、荷重(自重や積載荷重等)や外力(地震や風圧等)が作用した際に生じる応力を計算します。その結果に基づいて構造物の安全性等を判断します。 もちろん構造、規模等で結果は大きく変わり毎回検討内容が変わってくるのと、チェック箇所がたくさんあるので大変です…。ただただ強い部材をたくさん入れても、 […]

2018.05.25

誰でもできる耐震性能チェック

新耐震基準導入後の昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた木造住宅を対象とした、一般社団法人 日本建築防災協会発行のリーフレット『木造住宅の耐震性能チェック(所有者等による検証)』がオススメです。  なぜ、昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた住宅の耐震性能チェックが必要なのか。詳しくは住まいのコラムをご覧ください☺住まいのコラム:「今住んでいる家の耐震性能、本当に大丈夫?」  こちらのリーフレットは、専門的な知識がなくても簡単にできるチ […]

2017.02.07

安全で安心な暮らしを支える「金物」

先日、炭平コーポレーション株式会社さん主催のセミナーへ行ってまいりました。講師は、大手金物メーカである株式会社タナカさんです。建築基準法の改正・住宅性能表示制度などにより、接合用金物や基礎用金物における強度・耐久性・機能性・施工性のさらなる向上が求められていることを踏まえ、建物の耐震性能をより良くさせるために、いかに金物が重要か、熊本地震の被害状況の写真と照らし合わせながら学習をしました。 ここで金物とはどんな役割を果たしているのか、簡単に説明しましょう。 木造住宅の場合、様 […]

2016.04.27

耐震設計のありかた

熊本地震でまだまだ大変な避難生活を送られている皆様に心よりお見舞い申し上げます。 被災地から離れている私たちは、直接支援に行くことが難しい状況です。そのかわり、私たちに出来ることをしっかりやっていかなければならない、と思うこの頃です。 今回の地震は、震度7クラスが2度も建物を揺さぶり、さらに何度も何度も大きな余震が建物を揺さぶりました。その結果、建築基準法を守って建築されている住宅ですら大きな被害を受けました。新聞の記事で、新築したばかりの住宅が大きな被害にあい、途方に暮れて […]