2018.10.22

実践に活かす温熱・省エネ設計

今朝は結構冷え込みましたね。

 

長野市で6℃。

 

開田高原では、-2℃だったようです。

 

 

自宅ではついに暖房を開始しました。

断熱は壁120mmの充填のみ。Q=1.4です。

 

 

対して昨年お引渡した200mm断熱の住まい。Q=1.0です。

 

 

温熱環境(温度・湿度)をモニタリングしていますが、今朝も暖房を入れず、20.5℃となっておりました。

 

やはり壁の付加断熱は強いですね。

 

 

さて、そんな室内環境をデザインするための講習会をSAH会が開催します。

 

SAH会(信州の快適な住まいを考える会)は産学連携の研究会で、

信州にいい家をたくさんつくるために勉強しています。

 

今回は、パッシブデザイン設計の第一人者である辻充孝先生(岐阜県立森林文化アカデミー)を講師に招き、講座を開講します。

 

2日間の長丁場です。

今までにありがちな駆け足で進める講義ではありませんので、この機会にあやふやな知識を整理してみようという方には特におすすめです。

 

弊社でも若手技術者が受講し、スキルアップにつなげます。

 

辻先生の講座はとても分かりやすい!と全国でも人気が高いそうです。

まだ残席ありますのでふるってご参加ください。

 

 

そして、そのあとに下記講座を受講していただくと

より理解が深まると思います。

 

中谷先生はお客様に対してのトークで使える温熱基礎講座をとても分かりやすく教えて下さるので、こちらも乞うご期待!

 

 

 

【こじま】

2018.10.19

ショウルーム相談会を開催しました!

リフォーム

食欲の秋。

 

皆さんどこで何をお召し上がりでしょうか・・・。

 

私たちは先週末にパナソニック長野ショウルームにて「新型IH体験イベント」を開催し、おいしい料理を男たちがいとも簡単につくり(お客様にも体験していただき)、みなさんと食しました。

 

 

メニューはグリルチキンとコロッケとご飯(炊飯)。

 

さて、グリルチキンの作り方ですが、たれ(といっても醤油とみりんだけ)につけこんだ鶏胸肉をグリルに載せ、野菜を敷き詰め、メニューを選んで、ボタンを押して、15分待つ。

 

 

これだけ。

 

 

野菜トッピング中。グリルが大きいの、分かります?

 

 

トッピング完了。店長と。

 

 

 

グリル内部はLEDライトで明るく照らされ、よく見えます!

 

 

 

はい、完成。表面の皮に焦げ目がついてパリッと仕上がりました。

 

 

中まで火が通っているか確認してみると・・・

 

ジューシーにしっかりと焼けていましたよ。

 

 

次はコロッケ。

コロッケは冷凍コロッケを使用しました。

 

パナソニックのIHクッキングヒーターがすごいところは光火力センサー。

鍋底の温度をきっちりとらえ、最適温度を保つよう自動制御します。

 

なので、氷の塊のような冷凍コロッケも簡単にサクサクの仕上げとなります。

投入して2分経過後裏返し、4分で完成。

天板にタイマーがあるので、これが便利!

 

 

ご飯もIHで炊けたので・・・(省略)

 

 

おいしそうにできました!

 

 

 

此方の写真は午後の部。

私は午前の部でいただきましたが、コロッケがほんとにサクサクで、

グリルチキンは皮パリ中ジュワでとてもおいしかったです。

 

 

さて、食後の運動にはこれ。

トイレットペーパータワー。

 

 

床からだと結構簡単に積みあがってしまうので・・・・。

椅子の上からスタートです。

 

 

結構うまいな・・・。

 

10個積み上げました!

ご立派。

積んだ分だけお持ち帰りいただき、お父さんお母さんに褒められておりました。

 

 

 

こんな週末でしたが、ご来場いただきました皆様ありがとうございました!

 

 

 

パナソニックでは毎月IH体験会を開催しています。

下記ご覧いただき、参加できるかなという方はご一報ください。

おいしいお料理を簡単に作ってみましょう!

【こじま】

2018.10.18

ソフトボール大会

10月14日に高見澤グループ対抗ソフトボール大会に参加してきました。

天気予報は雨となっていましたが、晴れてソフトボール日和となりました!

 

大会は全8チーム149名が参加し、トーナメント形式で競い合いました。

 

 

試合前のキャッチボール練習の様子です。

 

なんだかもう練習だけで疲れた。。。と言いつつもいざ試合となるときちんとやるのが我がチームです(^o^)

 

第一試合で勝ち、第二試合では残念ながら負けてしまいましたが、3位となることができました!

 

 

 

とても天気がよく、日差しが暑いくらいでしたがスポーツの秋らしく過ごすことができました。

 

日曜の朝からということで、普段なかなかこの時間から体を動かすことがないので辛いなと

思いながら参加しましたが、いざ動かしてみるといいものだと感じました。

 

 

 

大会後は全員でお昼を食べに行きました。

 

 

今年もお疲れ様でしたと、来年は順位を上げることができますように(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

【つちや】

2018.10.06

IHクッキングヒーター体験

10月13日(土)に長野市稲葉にある「パナソニック リビング ショウルーム 長野」でIHクッキングヒーターを使った調理体験会を行います。それに先立って、最新のIHクッキングヒーターの機能を再確認するため、社内体験会を行いました。

 

調理メニューは、

・鮭のソテー&トマトのパスタ

・生ハムとチーズのスティック春巻き

・ラクッキンググリルを使った鶏の香草焼き

・IHコンロで炊くごはん

講師は、赤いエプロンがとっても似合うパナソニックの村上さんです!「よろしくおねがいしまーす!!」

 

まずは、鳥の香草焼きです。

鶏肉とタレを袋に入れよく揉み込み、30分ほど寝かします。

これをラクッキンググリルのグリル皿に並べます。

 

グリルに食材を載せるとき、「ポロっと滑って、床にベチャ…(TдT)」という経験はありませんか?

ラクッキンググリルならグリル皿を簡単に外せるので、安心して食材を載せられますよね。

 

グリル皿をセットしてポチッとな。

最近のIHクッキングヒーターには自動調理機能が付いています。グリル庫内のセンサーが食材の温度をしっかり把握、火加減を自動で調節をしてくれるため、誰でも簡単に調理ができます。途中でひっくり返す必要もないので、完全おまかせ。

 

じゃーん!上手に焼けました。

グリル皿の底面が波型のでこぼこ形状になっており、余分な油を落としてくれるので、とってもヘルシーです!

 

 

つづいて、IHコンロでご飯を炊きます。

IHコンロでごはんが炊けるってご存知でした?しかもこれも自動調理できるんです。「はじめチョロチョロ、中パッパ、…」を全部自動でやってくれるんです。だから

 

ポチッとな。

はい、調理完了です!

おお~!ちゃんと炊けてる!!

 

 

次は、スティック春巻き。

油はたったの200グラムしか使いません。

光火力センサーでしっかり温度調節をしてくれるから、食材を入れても温度低下せず、高温をキープしてくれます。

揚げ物をしているのに、割り箸を使ってます。火を使わないから、熱くないんです。食材やトレーもフライパンのすぐ隣に置いても問題なし!狭いキッチンでも作業スペースをたっぷりとれて便利です。

 

 

最後はパスタ。

 

鍋に水を入れてポチッとな。

IHは高火力だからお湯もすぐに沸きます。

 

パスタを

投入!!

ソースと絡めて、

別に焼いていた鮭と

一緒に盛り付け、

完成!!

 

いただきまーす!!

鶏の香草焼きは、表面がパリッと、中はジューシー。

ご飯は、甘みがあってお米がしっかり立っています。

スティック春巻きは、脂っこさがなく、冷めてもカラッとしたままでした。高い一定の温度で揚げれたからだとか。

パスタもとっても美味しかったですよ。

どれもこれも簡単調理でこんなに美味しくできるとは思いませんでした!!

 

13日のイベントでは、ちょっとメニューを変更する予定ですが、IHクッキングヒーターの魅力を感じていただける体験会にしたいと思いますので、IHをご検討の方、ぜひご参加くださいませ!

 

【くわはら】

2018.09.29

ショウルームを新設中です!

チラシやしなのいえ通信などでご存知の方もいるかと思いますが、この度本社事務所内にショウルームを新設することになりました。

8月上旬から始まった工事も終盤にかかり、完成まであともう少しのところまできました!

 

 

▲完成イメージパース

 

20畳のLDKで暮らしをイメージできるショウルームをとなっております。

キッチンも実際に使用できるので、IHなど使い勝手の良いキッチン設備を体感することができます。

ぜひお気軽にお越しくださいませ☺

 

 

 

さて、最近旅先で建築探訪をしたので、ちょこっとお話ししたいと思います。

先日プライベートで熱海に行ったので、「アカオハーブ&ローズガーデン」内の「COEDA HOUSE(コエダハウス)」に行ってきました。海辺の高台にある平屋建てのカフェです。

 

 

 

設計は新国立競技場でおなじみの隈研吾さんです。イスやテーブルも隈さん自ら設計したものだそうです。

外壁は全面ガラス張りのため、すべての席から海を望むことができます。天気が良いと水平線もくっきり見えて、伊豆大島や房総半島なども見渡せるそうです。※私が行った日は曇りでした。残念…。

 

 

 

店内に入って目を引くのが、中央にある木組みの柱です。アラスカヒノキを使い、なんと49層で1,500本の角材を積み重ねたとか。角材内部に配筋を通して樹脂で固定しているので、本当に小枝で組み立てたように見えます。

また、店内を見渡すと照明や空調、配線などがまったく視界に入ってきません。人工物をできるだけ見せない工夫が凝らされていました。

 

カフェのコンセプトである「大きな木の下に人々が集う建築」を存分に感じられました。

店内も外も木の囲まれ居心地が良く、ドリンクもとてもおいしかったです☺

【むらまつ】

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 46