2018.06.07

今週末は地育Lab*

スケルトンリフォーム

 今週末はお天気があまりよくなさそうですね。

 

 

 

そんな時には・・・。

 

 

イベントに出かけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

今週末はMウェーブで

 

「地育Lab*」が開催です。

 

 

チラシは当ホームページでもご案内しているので、ご覧ください。

 

 

 

 

我々が出展しているのは、「信越地域快適家づくりの会」です。

この会は、工務店・設計事務所・製材会社・問屋など、家づくりの川上から川下まで関係している会社の集まりで、信越地域にいい家を建てましょうというコンセプトのもとに集まった仲間です。

 

この会をPRするのは、ホントに工務店が世の中に認知されてない現状を打破し、「工務店って意外とやるなあ」とか「工務店ってハウスメーカーの下請けのことじゃなかったんだ」とか工務店についてのイメージよくしてもらいたいからなのです。

 

 

さて、会員は35m×26mのスペースで、来場者の皆さんにさまざまな体験をしていただけるような仕掛けを作ってお待ちしています。

 

 

 

しなのいえ工房が担当したのは「スラックライン」

長野県北相木村産のカラマツを使い、つくりました。

 

 

IMG_3255

 

長さが3mと4mのバージョンを2台ずつつくりました。

 

IMG_3258

こんな感じで遊びます。

 

歩ききったり、様々なポーズを決めたりと、体幹トレーニングにももってこいですよ。

 

うちの中澤も上手に乗っていますね。

 

 

 

というのは画像だからで、実際は結構難しいです。

このあと、すぐに落下してますので(笑)

 

 

 

会場にはこのほかにもたくさん遊べるブースがあります。

 

■ボルダリング

 

■VS嵐でやっているコロコロバイキング

 

■カラマツの枝でコースターづくり

 

■空気砲

 

などなど。

 

 

 

体験無料ですので、ぜひお立ち寄りください。

 

 

ちなみに・・・

 

アンケートにお答えいただくと御食事券がもらえるそうです。

 

よろしければお越しください!

 

 

 

 

 

 

 

 

【こじま】

2018.05.29

建築探訪@富山県美術館

先週末は富山県美術館に行ってきました。

富山県美術館は富山駅北口から徒歩15分ほどの距離に位置し、昨年8月に全面オープンした新しい美術館です。

建物全体が映る俯瞰した写真を撮っていなかったので模型写真を載せておきます。

IMG_0286 

 

運河があってゆったりとした時間がながれる景色のいい富岩運河環水公園に美術館は面しています。

建物東側の外壁は全面ガラス張りとなっており、空気が澄んでいる日は公園越しに立山連峰が綺麗に見えるそうです。(私が行った日は少し霞んで見えました。残念。)

 

IMG_0356edited

建築の形は比較的シンプルで大きさの割に一見主張のない印象ですが、これは都市のランドマークになることを目指すのではなく、公園の全体構想のなかで生きる美術館にしようとした設計者の意図があるそうです。

なお設計は内藤廣さんです。長野県内では安曇野ちひろ美術館や安曇野市庁舎なども設計されています。

学生時代から内藤さんの建築はできるだけ観に行こうと思い、可能ならコンプリートしたいと思っています。(内藤さんの建築は全国の割と地方に多くあり大変ですが、、)

 

私がこの美術館で一番印象に残っているのは、建物の東西を貫く中央廊下です。真っ直ぐで長い廊下は意図的に照明を少なくしているのか、遠くで外光が差し込み、トンネルのような洞窟のような空間でした。

IMG_0335edited 

 

ちなみに富岩運河環水公園は「世界一美しいスタバ」があることで有名ですが、ついでにそのスタバにも行ってきました。

運河に面したテラス席はとても気持ちのいい場所で、確かに美しいスタバでした。

IMG_0376 IMG_0372_トリミング

 

なお建築を観るのが目的でしたが、300円の観覧料(常設展)でピカソや藤田嗣治といった有名な画家の作品も観ることができとてもお得です。

普段は住宅といったスケールの建築に接していますが、大きい建築もやっぱり面白い!と感じ、改めて日々の仕事を頑張ろうと思いました。

 

富山市に行かれた際はぜひおすすめの場所です。

【しもだ】

2018.05.25

誰でもできる耐震性能チェック

耐震診断

新耐震基準導入後の昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた木造住宅を対象とした、一般社団法人 日本建築防災協会発行のリーフレット『木造住宅の耐震性能チェック(所有者等による検証)』がオススメです。

 

 

なぜ、昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた住宅の耐震性能チェックが必要なのか。

詳しくは住まいのコラムをご覧ください☺

住まいのコラム:「今住んでいる家の耐震性能、本当に大丈夫?」

 

 

こちらのリーフレットは、専門的な知識がなくても簡単にできるチェック項目を用いて、耐震性能を確認することができます。

ご希望でしたらリーフレットを差し上げますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

今の住まいや財産を守るために、耐震性能を確認しておきましょう♪

 

8100check2_

▲ 『木造住宅の耐震性能チェック(所有者等による検証)』一般社団法人 日本建築防災協会発行

【むらまつ】

2018.05.18

シックな外観になりました

インテリア

現在建築中の須坂市日滝の家Bの足場が取れました!

 

DSC_0081(編集)_

須坂市日滝の家Bのポイントの1つは外観です。

全面板張りの外壁をオイルステインで黒く塗装しました。

木目がうっすらと浮かび上がる「黒い外壁」によって、シックでかっこいい印象になりました。

 

DSC_0085_

以前ブログで紹介した日除け戸の戸袋も完成しました。

もう少ししたら日除け戸が設置されます♪

 

DSC_0054_

内は現在、大工さんが家具を造作中です!

今回はキッチンと浴室も造作なので、家まるごと木を基調としたオーダーメイドとなっています。

どんな仕上がりになるのか…とても楽しみです☺

【むらまつ】

2018.05.15

中野市東山の家取材

インテリア

先日、住宅誌「ナガノの家」の取材で中野市東山の家へ行ってきました。

 

 

 

当日はお天気もまずまずで、お子様たちのご機嫌も麗しく・・・。

 

 

 

 

 

 

春になり、シンボルツリーのアオダモを植えました。

DSC_0064

 

外観がグッと引き立ちますね。

 

 

 

 

 

 

ウッドデッキの近くに植えています。

 

DSC_0052

 

 

 

植栽のチカラは偉大です。

 

 

建築半分、植栽半分というところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

中の取材風景はこんな感じ。

 

DSC_0049

 

 

 

 

 

 

 

子ども部屋は今のところご主人の趣味部屋ですな。

 

 

DSC_0062

 

 

 

 

 

 

 

階段上り口がいい空間です。

 

 

DSC_0051

 

 

 

M様、お忙しいなか取材にご協力いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

「ナガノの家」は6月末発売です。よろしければご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に・・・ウッドデッキ。

 

 

DSC_0054

 

 

 

 

 

 

【こじま】

1 8 9 10 11 12 13 14 15 16 44