2018.08.31

地震発生の可能性や規模を
チェックしてみましょう!

耐震診断

新築のプレゼン資料を作成中です☺

それに併せて計画した建物が地震にしっかりと耐えられるのか、確認のため構造計算を行っていました。

 

構造計算とは、建築物の構造耐力上主要な部分(柱・梁・床・壁など)に、荷重(自重や積載荷重等)や外力(地震や風圧等)が作用した際に生じる応力を計算します。

その結果に基づいて構造物の安全性等を判断します。

 

もちろん構造、規模等で結果は大きく変わり毎回検討内容が変わってくるのと、チェック箇所がたくさんあるので大変です…。

ただただ強い部材をたくさん入れても、それはそれで逆にコストがかかってしまうので、経済設計もしっかり考慮しながら構造計算を行います。

試行錯誤しながら無事耐震等級3をクリアすることができました☺

 

 

ここで、誰でも地震の発生場所や可能性、規模をチェックできるサイト「地震ハザードステーション J-SHIS」をご紹介します。

こちらのサイトでは、将来日本で発生する恐れのある地震による強い揺れを予測し、予測結果を地図でチェックすることができます。

 

<地震ハザードステーション J-SHIS>

 

左上の黄色い大きなスタートのボタンを押すと…

 

上の画面が出てきます。

 

検索結果は地図で表示されるので視覚的にもわかりやすいです。

住所を入れる欄があるので、お住まいの地域の今後地震が起こる危険性などを調べることができます。

また、専門的にはなりますが主要活断層帯の位置や地盤情報なども調べることができるので、地震防災に関する基本的なデータベースとして役立てられると思います。

 

出典 : http://www.j-shis.bosai.go.jp/ (国立研究開発法人 防災科学技術研究所)

検索日 : 平成30年8月29日

 

【むらまつ】

2018.08.27

快適な玄関のために
(講習会のお知らせ)

高断熱住宅

暑い日が続きますね。

 

でも長野の夜はお盆を過ぎるとヒヤッとして、エアコンがなくてもぐっすり眠ることが出来ますよね。

 

 

・・・といいたいところですが・・・。

 

 

今年は夜まで暑い!

来年以降もこんな感じになってしまうんでしょうか。

 

 

困るなあ。

 

 

 

 

さて、信州の快適な住まいを考える会(SAH会)では今週8月31日金曜日に講習会を開催します。

今回の講習会では、玄関ドアの性能について学んでみることにしました。

 

 

 

なぜか?

 

 

最近、窓の性能については設計者の皆さんもエンドユーザーの皆さんも気にするようになってきました。

一方、玄関ドアの性能については今一つ盛り上がりに欠ける状況だと思っています。

 

ところが、ここにきて各メーカーが気合の入った玄関ドアを発表し始めたのです。

そこで、SAH会では高断熱住宅に適した高断熱ドアの勉強をしようと企画しました。

 

 

冬、玄関付近は室内でも寒くなりますよね。

どうしたら暖かく快適な玄関に出来るのか。

みんなで勉強しましょう。

 

 

ところでこういう講習会、普通はどこかのメーカーに来ていただき説明をいただくのが

一般的なのですが、SAH会ではなんと4つのメーカーさんに同日にプレゼンしていただく、

という企画に致しました。

 

この日にご来場いただくと、4メーカーの玄関ドアについて知識を得ることが出来るというわけです。

お得じゃありませんか?

 

 

さらに。

 

 

玄関の断熱についても、意見交換する予定です。

 

 

玄関は基礎コンクリートから熱伝導しやすいエリアですが、

どのようにそれを防ぐのか、勉強します。

 

まだ席に余裕がありますので、興味がある設計者・現場監督・お客様は

ふるってご参加ください。

 

 

 

【こじま】

2018.08.24

信州新町Y様邸改修工事

こんにちは。中澤です。

暑い日が続いておりますが、私は元気よく現場で働いております!

今回少し現場を紹介したい思います。

現在信州新町の現場では築150年の古民家改修工事を行っております。

土壁と黒く塗られている梁は趣を感じさせてくれます。

          

自分の作業内容は既存の土壁の灰汁止め作業と下地の左官をしました。

まず、土壁に付いたすすなどを落とし、シーラーという壁のカビ防止や灰汁が出るのを防ぐ塗料を塗っていきます。その上に中塗りの左官をしていきます。

 

左官作業を終えた壁に養生テープを張り、仕上げの塗料を塗り完成です。

           

     (作業前)               (作業後)

壁を仕上げるまでにこんなにも時間がかかるものとは思っていませんでしたが、実際自分が塗った壁が家の一部になるのは嬉しいことですね。

これからも作業は続きますので熱中症などに気をつけたいと思います。

皆様もお気をつけてください。

 

【なかざわ】

2018.08.20

マンション床改装工事

軽井沢町のお客様からマンションの床をカーペットからフローリングに変更したいとご依頼があり、床の改装工事をおこないました。

 

改装前の写真です。カーペットを撤去し、フローリングの床に改装します。

 

カーペットの撤去後、コンクリート床の不陸を確認します。このまま施工してしまうと傾いた床になってしまう恐れがあるからです。写真の左下に写っているのはレーザー水平器です。この水平器を使って床のレベル差を確認していきます。

 

セルフレベリング材を流し込んだところです。流動性のあるモルタルで施工することで不陸を無くしていきます。しっかり固まるまでこのまま養生をします。

 

セルフレベリング材が固まったら、床の施工をしていきます。

まず、合板を張っていきます(左写真)。セルフレベリング材で不陸をなくしても多少高さに差がでてしまうので、合板を張って調整し、床を水平にします。

合板を張ったら、床材を施工していきます(右写真)。床材の割付を決め、見た目が良いように千鳥に配置していきます。千鳥とは互い違いにしていくことです。

 

床をフローリングに改装することで出来たキッチンとリビングの間の段差は、木材を加工して作成した見切り材を取り付けます。

 

フローリングの床に改装した完成写真です。

床はパナソニック製の床材を使用しています。この床材には緩衝材が付いているので下階への防音の効果があり、歩いた時の足への衝撃も吸収してくれるので踏み心地も良く足腰にもやさしく感じました。

お客様にも大変喜んでいただけました。

 

【おおかわ】

2018.08.08

模型作成中です

今週末のプレゼンに向けて住宅の模型を作成中です。

 

図面やパースだけでは形のイメージをするのが難しいことがあります。

そんなとき、模型はお客様と形のイメージを共有するために大切な表現のツールとなります。

 

建物が完成したら、外構、隣地の状況も模型を作っていきます。

建物(敷地)と周辺環境との関係を考えることは住宅を設計する上で大変重要になってくるからです。

 

 

※写真で改めてみると机の上が散らかっていますね・・・落ち着いたら片づける予定です・・・

【しもだ】

1 2 3 4 5 6 7 38