2015.10.22

照明計画は奥深い…

インテリア

大光電機株式会社 高木英俊先生による、照明計画の研修会に参加してまいりました!

  照明計画で重要なポイントは、「平面図ではなく、天井伏図で考える」。

たとえば平面図に家具をレイアウトした時、多くの方はその家具に合わせて照明をつけたくなると思います。そうしますと天井伏図で見た時に、規則性がなく穴だらけの印象になってしまいます。さらに照明が多すぎたり、目立たせたくないレンジフードやエアコンなどをライトアップさせてしまうこともあります。部屋の模様替えが容易にできないのも問題ですね…ちーん(゚д゚ )  

ですから平面図の情報にとらわれ過ぎないよう、照明計画を考えなくてはなりません。

 

まずコツとしては「部屋の軸を探す」ことです。平面図をよく見ると、柱の通りや窓のセンターなど、たくさんの軸を見つけることができます。その軸を揃えて照明を設けると、一気に整理された印象となります。また連続する空間での照明の見え方も考慮して配置する必要があります。

その時、図面上に照明で照らされる部分を色鉛筆でぐるぐる塗ると、より計画の全体がわかりやすく見えます。   それを踏まえ次に、光源の強さ・光の色・照明の形・数など多くの選択肢の中からその空間にベストな計画をします。

 

照明計画は答えがありません。(それが本当に難しいところ…泣)  この研修会で多くのことを学び、それまで持っていた自己概念が大きく変わりました。また照明のことも思いやりを持って、間取りの設計を行わないといけないなと改めて痛感しました。今回学ばせて頂いたことを今後の実務に活かせるよう、さらに極めていきたいです。  

 

最後になりますが、高木先生をはじめご指導いただいたスタッフの皆様に感謝申し上げます。 今後ともよろしくお願いいたします。  

 

DSC_0004 - コピー_

【むらまつ】

2015.10.21

スケルトンリフォーム(1)

スケルトンリフォーム

山浦が耐震診断講座を開設したようです・・・。

ところで、しなのいえ工房のブログは当番制となっており、およそ1週間に一度当番が 回ってきます。 スタッフそれぞれが、その時々に感じたことをお伝えしていきますので、よろしければお付き合いください。

 

  さてさて、私は大型リフォームである「スケルトンリフォーム」をご紹介していきたいと思います。 今お住まいの家をリフォームしたい・・・。 だけど、地震が来たら大丈夫なのかしら? 断熱改修って具体的に何をするの? ほんとに暖かくなるの? 新築のほうが安い?   疑問は尽きませんよね。

  私は、リフォームは困りごと解決だと思います。 なので、お客様が何にお困りで、どうしたいか、をまずお聞きします。 そして、予算に応じたメニューを提示させていただきます。   そんな色々あるメニューの中で、フルコース格がスケルトンリフォームになります。

スケルトン、つまり丸裸。 基礎と骨組の状態にして、間取りも変えて、新築より安く。 性能は新築以上に。  

 

それではスケルトンリフォームはどう行われるのか、順を追ってご紹介しましょう。   まず、解体ですね。 骨組を傷つけないよう、やさしく、分別しながら解体していきます。 骨組まで見えるので、不具合が発見しやすいですね。 そして、耐震診断に基づき、必要な個所に基礎補強をします。  

DSC_0036  

この写真の部分は、土台の下に布基礎がないので追加施工します。 そして地震に耐えられる壁を設置します。 本日はここまで。 次回もよろしくお願いします。      

【こじま】

2015.10.20

耐震診断(1)

皆さんも耐震診断という言葉は耳にしたことがあると思います。 では実際に何をするのかというと皆さんお分かりになっていないと思います。 ですのでこれから何回かに分けて耐震について簡単にお話していきたいと思います。 まずは建築基準法における基準というものが昭和56年を境にそれより古いものについては旧耐震 それ以後のものについては新耐震という形で分けられます。 新耐震の基準も平成12年6月に変更がされておりより厳しいものになっています。   この基準に対して現在のお宅の耐震の能力を調べる調査が耐震診断です。   次回は耐震診断の内容について書きたいと思います
【やまうら】

2015.10.19

秋の味覚!

今日、以前、お世話になったお客様から電話が! 「時間がある時でいいから、家に寄ってくれない?」と 早速、お邪魔してみると、秋の味覚 「栗」 をいただきました。 とても大きい栗をたくさんいただいたので、早速事務所に戻り、その場にいたスタッフ数人と 分けさせていただきました。 秋は、おいしいものがたくさんあって困りますね T様ありがとうございました。   IMG_1776
【ひろさわ】

2015.10.15

ただいま耐震診断中…

しなのいえ工房では、断熱改修だけでなく、耐震改修もやってます!耐震改修は断熱改修と相性がよく、どちらも壁の内部の工事となることが多いので、「耐震改修のついでに断熱改修も…」といったことが可能なのです。(決して、押し売りしているわけではないですよ!)   先日は、飯綱町に耐震診断に行ってまいりました。耐力壁の確認はもちろんのこと、屋根裏や床下を点検し、柱や梁の接合部の金物チェックや外壁・基礎等の劣化具合などを診ます。また周辺の地形や地盤の状況も加味し、総合的な診断を行ないます。   いつ起こるか分からない大地震に備えて、御自宅の現状を知ることはとても大事なことだと思います。実際に改修を行うかどうかは別として、まずは耐震診断、おすすめです。  

!床下点検中! DSC_0032_

【くわはら】

1 34 35 36 37 38 39 40