青木島町の家 B

新築

1階部分は米杉の板張り、軒裏はヒノキの羽目板を使った外観。家の耐久性は軒で変わるため、軒の出を長くし、できるだけ外壁に雨水がかからないよう設計。南の屋根には太陽光パネルを設置。1階のデッキ部分の庇にもなるベランダはヒノキを横張りにすることでアクセントをつけた。
床には幅が広めのナラの無垢材を使用。継手にラインを引き、短い板を何枚も張ったようなデザインにしている。リビングとつながる階段は程よい蹴上げと踏面なのでベンチとしても活用。北向きの部屋の採光に一役買ってくれる大きなトップライト。そこから覗く青空は室内に華やかさをもたらしてくれる。

ナガノの家vol.9 掲載

DATA

所在地長野市青木島町
家族構成4人(夫婦2人+子ども2人)
竣工年平成29年9月
延床面積151.47㎡

キーワード: