日滝の家 B

新築

外部の視線と日射しを遮断する横格子の日よけ戸。羽板の一本一本に角度を付けた大工仕事が光る仕上がり。黒い外観とのコントラストも美しい。ウッドデッキにつながる窓は掃出しにせず、敷居に合わせたベンチでバランスよく内外をつないだ。
ヒノキの無垢フローリングと造作の木質がぬくもりを醸し出す室内。家具もすべて設計したことで、2200㎜の天井高を低く感じさせないゆとりの空間を実現している。キッチン、食器棚も造作で、他の造り付け家具と木の質感が揃い、家全体の統一感が生まれる。子ども部屋を仕切る壁は、奥行きが違う机と本棚を互い違いに配置することで、ゆとりのある室内空間となった。浴室の天井、壁面はヒノキ仕上げでぜいたくなバスタイムが楽しめる。

住まいnet信州vol.32 掲載

DATA

所在地須坂市日滝
家族構成4人(夫婦2人+子ども2人)
竣工年平成30年6月
延床面積96.06㎡

キーワード: